脇汗防止に役立つグッズをご紹介

ケアじゃなくて治療の時代!「テノール液」でワキ汗を根本解決!

夏が近づくと気になるのがワキ汗。電車の中で手すりに手をかけようとして、思わず「やばっ」と手を引っ込めちゃった経験はありませんか。

 

ワキの下は汗腺が集まっているため、とても汗をかきやすい場所になります。発汗は体温調節の役目として重要なものですが、ニオイや洋服のシミの原因となるため、Tシャツなどの薄い服になる季節には気になりますよね。

 

ワキ汗対策は、出た後でなく出る前に!

 

一般的なワキ汗対策というと、ついついニオイに集中しがちです。消臭や芳香を意識したスプレーやふきとりタイプを携帯し、汗をかいたら使用することで、いわば汗を誤魔化す方法をとってきました。一度はニオイも消え、サラサラ感を感じても、またすぐにじんわり。汗は、かいたあとではなく、かく前の対策が必要です。

 

わきがの治療薬でワキ汗根本解決

 

もともと汗にはニオイはなく、汗を栄養として菌が繁殖することがニオイの原因となっています。汗の量が多ければ、細菌の繁殖も盛んになり、ニオイも強く感じます。つまり、汗を止めることがニオイの根本解決につながるわけです。

 

「テノール液」に使用されているアルミニウム配合液は、わきがの治療薬として皮膚科で処方され、多汗症の人などにも有効な制汗剤となります。わきの下はもちろん、精製水で薄めることで、顔汗などにも使用できます。緊張する場面などで使えそうですね。

 

就寝前のリラックスタイムに

 

「テノール液」は、汗をかいていない清潔な状態で塗布し、その後も一時間程度は汗をかかない状態を維持することで効果が高まります。お風呂上りなどの気持ちがゆったりしたときの使用がお薦めです。